都島の歯医者に頼もう

私は割と食いしん坊な人間なので、暇さえあれば何かしらの食べ物や飲み物を食べたり飲んだりしているのだが、特に甘いものが好物で、机の引き出しの一段には半分以上、チョコレートなどの甘いものが入っている。
今日もそんな感じでチョコレートを口に運んでいたのだが、いきなり口の中から激痛が走った。
そう、これは子どもの頃に何度も味わい、そのたびに消毒液のにおいがする場所に連れていかれ、歯をガリガリと削られて獣のような悲鳴を上げていた記憶をフラッシュバックさせる痛みである。
日本語ではそれを「虫歯」というわけで、私もこの年になって、急に虫歯になってしまったのであった。
歯はちゃんと磨いていたのだけれど、それでもやっぱり磨ききれない場所があったということなのであろう。
もうなってしまったものはどうしようもないので、とりあえず都島の歯医者の中でどこか腕のいいところを探して、できるだけ通院回数が少なくて済むような形で収束させたいところである。
でも、やっぱりこの年になっても歯医者に行くのはなんとなく抵抗があるし、嫌なものである。
考えたら鳥肌が立ってきた。